犬のてんかん

目次

犬のてんかんってどんな病気?

てんかん発作について

最初に、勘違いされやすい言葉の使い方を確認しましょう。「てんかん=てんかん発作」ではありません。てんかん発作とは、大脳の神経細胞の突然の過度の放電が原因で起こる発作性の症状です。そして、「てんかん」とは、てんかん発作を「繰り返し」起こす脳の病気のことです。つまり、何らかの中毒や低血糖のときにもてんかん発作は見られますが、だからと言って、その犬がてんかんという病気ではない、ということになります。

原因別のてんかんの種類

てんかんを原因別で見ると、「症候性てんかん」と「特発性てんかん」に分類されます。症候性てんかんと特発性てんかんの割合は、犬ではだいたい半々です。

症候性てんかん

症候性てんかんは脳腫瘍や脳炎のような脳の異常(これを器質的病変と呼びます)があり、それによって、てんかん発作が二次的に引き起こされる病気です。

特発性てんかん

症候性てんかんに対して、脳にてんかんの原因になるような器質的病変がなく、全身的にも異常がない場合は、特発性てんかんであると考えます(特発性とは、原因不明を表します)。

犬のてんかんの症状と原因

犬の保険について

どうして症状が出るの?原因は?

てんかん発作は神経細胞の過剰な興奮と過度の放電が原因

神経細胞には、興奮を伝える細胞と、興奮を抑える細胞があります。普段はお互いがバランスを取り合って情報伝達をしていますが、何らかの異常が起こることでバランスが崩れてしまい、興奮しやすい状態が強くなってしまうと、てんかん発作が起こりやすくなります。そして、興奮が過剰になって過度の放電が生じると、てんかん発作が起こるのです。

ちなみに、この興奮は神経細胞の興奮であり、犬が精神的に興奮しているかどうかは関係ありません。じっとしている時に、突然てんかん発作が起こることがあるのは、このためです。

神経細胞の興奮と抑制のバランスが崩れる原因

神経細胞の興奮とそれを抑える細胞のバランスが崩れる原因はいろいろあります。

多くの特発性てんかんでは遺伝的に問題があると考えられています。

症候性てんかんでは、脳腫瘍、脳炎、先天的な奇形、外傷などの器質的な病変が主な原因です。

どんな犬がてんかんになりやすいの?

特発性てんかんは、遺伝的、家族的な要因が強く疑われており、日本における人気犬種の中では次のような犬種が当てはまります。

犬のてんかんの特徴とチェック項目

てんかん発作は、発作前に寝ている状態や落ち着きがなくなるところがスタートで、発作が始まり、発作の後にもうろうとしたり、フラフラしたりといった状態で終わる、という流れが見られることが多いとされています。

てんかん発作には、発作の起こり方によって「全般発作」と「焦点性(部分)発作」があります。

全般発作

全般発作は、その症状により、次のように分類されます。

  • 意識を失い、全身をぴーんと突っ張ってけいれんする「強直発作」
  • 意識を失い、全身をガクガクさせてけいれんする「間代発作」
  • 強直と間代が混ざったり、強直から間代に移ったりする「強直間代発作」
  • 足や顔など体の一部、または全身の筋肉が瞬間的に大きくピクッと収縮する「ミオクロニー発作」
  • 強直と間代が混ざったり、強直から間代に移ったりする「強直間代発作」
  • 突然力が抜けたようになり、勢いよくバタッと倒れる「脱力発作」
  • けいれんや脱力が起こらず、突然短時間だけ意識がなくなる「欠伸発作」

焦点性(部分)発作

焦点性(部分)発作は、その症状により、次のように分類されます。

  • 体の一部だけが突っ張り、突っ張る場所が移動することもある「運動発作」
  • 無意味に思える行動を続ける「行動発作」
  • 腹痛や下痢のような自律神経に関連した症状が見られる「自律神経発作」

「行動発作」は、さらに細かく分類され、口をくちゃくちゃしたり、舌なめずりするような「辺縁系発作」、何もないのにハエを追うように視線を移動させたり、かもうとして口をパクパクする「Fly-biting」、普段はおとなしい犬が突然攻撃的になる「攻撃発作」があります。

てんかん発作のチェックポイント

発作自体にもかなりいろいろな症状が見られますが、発作前の状態発作の状態発作後の状態を正確にチェックすることで、その症状がてんかん発作であると判断できる可能性が高くなります。

最初から最後まで動画が撮影できるとベストですが、発作前の状態はなかなか撮影できないことが多いため、観察してメモを残しておくといいでしょう。

また、発作を起こしたときに自律神経兆候と呼ばれる症状が見られることがあります。よだれを垂らす、おしっこやうんちを漏らすといったものです。

発作そのものは見ていると長く感じますが、実際には、多くが数十秒から1~2分で終わります。そして、発作後のもうろうとした状態を脱すると完全にいつもの状態に戻ります。

犬のてんかんはどうやって診断されるの?

まずは、発作が起きたときに、それがてんかん発作かどうかを判断します。それは問診や発作の様子の動画での確認、身体検査によって行います。

てんかん発作である、あるいは、その可能性が高い場合は、神経学的検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などを行い、脳以外の発作の原因となる病気があるかどうかを調べます。

脳内の問題を調べる場合、全身麻酔をかけてMRI検査や脳波検査を行う必要があります。

これらの検査を行えば、ほぼ確実にてんかんを診断することが可能です。しかし、実際にはMRI検査のコストの問題や、全身麻酔をかけたくないなどの理由から、発作以外の神経学的な異常がなく、脳以外の異常が認められなかった場合は、特発性てんかんと仮診断して治療を始めることがあります。

犬のてんかんの治療

犬のてんかんの治療にはどんな方法があるの?

てんかん治療の目標は発作の頻度を減らすこと

症候性てんかんの場合は、原因となる病気ごとに必要な治療を行います。しかし、症候性てんかんでも特発性てんかんでも、抗てんかん薬を使って発作の頻度を減らすことを目標にします。

また、てんかん治療は、発作を完全になくすことができるのが理想ですが、なかなか難しいのが現実です。そのため、最初の目標は、発作頻度を治療開始前の半分以下にすることになります。

犬のてんかんは治せるの?

特発性てんかんの完治は難しいとされています。症候性てんかんのうち、治療によって完治できるものであれば、てんかん発作も出なくなります。

症状を緩和するにはどうしたらいいの?

治療を始めて症状が安定しても、定期的に検査を行い薬の量が適切かどうかを調べることが重要です。

そのほか気になる犬の脳・神経系の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 脳・神経系の病気」をご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。