短頭種気道症候群

短頭種気道症候群とは、短頭種と呼ばれる、スカルと比較してマズルが短い、いわゆる鼻ペチャの犬種(パグやシー・ズー、フレンチブルドッグなど)に多く見られる病気です。短頭種のわんちゃんは頭部の解剖学的構造上、鼻孔や鼻腔が狭くなりやすく、これが原因で呼吸がしづらくなる病気の総称を短頭種気道症候群とよびます。

短頭種気道症候群にかかりやすい犬種

加齢によって症状が現れることが多い

短頭種(顔と鼻があまり離れていない犬種)がなりやすい

シー・ズー

パグ

フレンチ・ブルドッグ

犬の短頭種気道症候群の症状

短頭種気道症候群の主な症状として、過度のパンティング(犬が舌を出してハァハァと行なう激しい呼吸)や息を吸うときにぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音が見られます。また、就寝時にいびきをかくや興奮した時にぶーぶーという呼吸音を立てるなども特徴の一つとして見られます。

通常より呼吸がしづらいため、呼吸が荒くなる運動を嫌がったりします。

悪化すると呼吸困難から体の熱の発散が出来なくなり高体温症になってしまったり、食欲低下や失神なども見られるようになります。

原因として

短頭種気道症候群の一般的な原因としての多くは、短頭種の頭部のつくりにあります。短頭種はマズルの長い犬種と比較して頭蓋骨が丸く鼻孔や鼻腔が狭くなりやすいことが原因です。さらに肥満などが重なるとさらに発症率は上がります。

発見するには

いつもよりも呼吸が荒い、寝ているときにいびきなどが見られた際には注意が必要です。

すぐに死に結びつく病気ではありませんが、重篤になりますと呼吸障害につながり、非常に苦しい病気になります。発見したらお近くの動物病院へ診察してください。

予防

もともと鼻の短い短頭種がなりやすい、体の構造上おこりうる病気のため、短頭種としての予防は肥満防止がもっとも有効な予防となります。また、短頭種の場合はしっかりとこの病気を意識してひどくなる前に病院で見てもらいましょう。

短頭種気道症候群に限らず、適正な体重を維持することで他の病気も予防できますのでしっかりと管理しましょう。