鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは短頭種に多く発症例の見られる病気で、すぐに命の危険はありませんが、呼吸困難を引き起こす可能性がある病気なので注意が必要です。

鼻腔狭窄にかかりやすい犬種

パグ

ペキニーズ

ブルドック

犬の鼻腔狭窄の症状

犬の鼻腔狭窄とは、ブルドッグやパグなど鼻の短い犬種に見られる短頭種気道症候群のひとつで、骨格に対し鼻の皮膚が厚く、その為過剰な皮膚が鼻腔を狭くし呼吸に支障をきたしてしまう病気です。

初期症状としては、鼻づまりのような様子が見られ、進行が進むといつもいびきのような呼吸音が聞こえ、さらに進行すると呼吸困難になってしまう病気です。

すぐに命にかかわる病気ではありませんが、注意・治療が必要な病気です

原因として

主な原因としては生まれつき鼻腔が狭くなりやすい短頭種としての先天性のものがほとんどで、短頭種の宿命と言っても過言ではありませんし、品種改良による副作用と言えるかも知れません。

発見するには

症状の項でも述べたように、短頭種で鼻づまりや呼吸苦などが見られた際には疑ってよいでしょう。

私たち人間も鼻づまりで若干呼吸がし辛くなるように、ワンちゃん達も鼻づまりでも苦しいと感じるので、少しでも気になるようであれば、お近くの動物病院で診察を受けて下さい。

予防

短頭種独特の病気であり、先天性がほとんどなので明確な予防法はありません。

ですが、肥満が進行を進ませる事もあります。

ダイエットもいろんな病気を防ぐ健康法のひとつなので、カワイイからと必要以上にご飯やおやつを与えず、適切な量の食事を与え、肥満防止に努めましょう。