胃拡張・胃捻転

胃拡張・胃捻転とは大型犬に多く見られる病気です。

胃が大量のガスによって拡張してしまい、捻転を起こす事もあります。場合によっては胃の捻転により血管を圧迫し、循環不全・ショックなど重篤な症状を引き起こします。

胃拡張・胃捻転にかかりやすい犬種

ミニチュアダックスフンド

グレート・デーン

セントバーナード

ボルゾイ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

大型犬に多く見られますが、どの犬種でも起こりえます

犬の胃拡張・胃捻転の症状

犬の胃拡張・胃捻転とは、主に大型犬に見られる病気で、胃の拡張および捻転によってお腹が張ってしまい、落ち着きがなくなる、吐こうとするも吐けない、大量のよだれが出てくるなどの症状が見られます。

胃の拡張や捻転具合によっては重篤な状態となり、循環不全・ショック・DICなどを引き起こし、命の危険もある非常に恐い病気です。

また食後(特に夕食後)数時間以内に発症することが多いといわれています。

原因として

主に食事や水分の摂取方法が原因といわれており、早食いや大量摂取、食後すぐの激しい運動、ストレスなどが原因と考えられております。

発見するには

症状の項でも説明したように、お腹が張っている、よだれが大量に出ている、吐こうとするも吐けないなどの症状が見られたら疑ってよいでしょう。

この病気は緊急を要する事がある為、疑いのある症状が認められた場合には、すぐにお近くの動物病院へ受診・相談してください。

予防

原因でも述べたように早食い、大量摂取などが原因になっていることがある為、一度に大量の食事を与えず、小分けにして数時間ごとに分けて与えるなどの工夫が予防に繋がります。

また食後すぐの運動は控え、少し一休みしてから運動をさせましょう。