胆石症

犬の胆石症とは、胆石(胆汁が結石化したもの)により胆汁の通り道である胆管が詰まってしまい、黄疸や胆嚢破裂、腹膜炎などを引き起こす病気です。

胆石症にかかりやすい犬種

シーズー

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・ダックスフンド

シェットランド・シープドック

犬の胆石症の症状

胆汁は、消化酵素の手助けをする役割を持っており、胆嚢内に貯蔵されています。
その胆汁が様々な要因により泥のようになってしまったことを胆泥症と呼び、胆泥症がさらに進行し結石化したものを胆石症と呼びます。
胆石が胆汁の通り道である総胆管をふさいでしまうと、元気や食欲不振・嘔吐などが様々な症状が見られます。
さらに進行すると目や口腔内に黄疸が見られるようになり、最悪の場合胆嚢が破裂、腹膜炎を起こしてしまうことがあります。

原因として

犬の胆泥症・胆石症の原因としては、細菌感染による胆嚢炎による分泌異常などが挙げられ、腸炎や膵炎、肝炎から併発して起こることがあります。
私たち人間では胆石症はコレステロールが原因ですが、ワンちゃんではカルシウム塩が結晶化することで胆石症となります。

発見するには

症状の項でも述べたように、元気が無い、食欲が無い、お腹を触ると嫌がる・痛がったりするなどの様子が見られた際には疑ってよいでしょう。

日々のスキンシップで発見することができる病気なので、疑いのある症状がみられた場合には、お近くの動物病院で相談・診察を受けて下さい。

予防

予防としては、高カロリーな食事を控えるなどの食事管理、適切な運動とあわせた総合的な健康管理、胆石症になりにくい体づくりが大切になります。
もちろん食事管理・健康管理がしっかりしていることで、他の病気の防止・予防にも繋がりますのでしっかりと行っていきましょう。