悪性腫瘍(がん)

犬の悪性腫瘍(がん)とは、がんとも呼ばれており、細胞の異常増殖により発症します。人間ではとても有名な病気ですが、実は犬でも発症することがあります。早期発見が大切です。

悪性腫瘍(がん)にかかりやすい犬種

小型犬・中型犬・大型犬 全般

パグ

ミニチュア・シュナウザー

フレンチ・ブルドッグ

ラブラドール・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

犬の悪性腫瘍(がん)の症状

発症する場所は犬の体の部位でも違い、必ずその部分に発症するとは決まっていませんが、特徴として腫瘤というしこりが出来ます。

体にしこりがあれば、それが癌なのか、他の病気が原因で出来ているのか、病院で調べる必要があります。

  • 体重減少、食欲不振
  • リンパ節の腫れ、貧血、微熱、怠惰感
  • 運動したがらない

もしも癌になっているならば、このような症状が見られるようになり、早期発見できれば延命も可能です。

悪性腫瘍(がん)の原因

悪性腫瘍(がん)の原因としては、老化やストレスによるもの、ホルモンや遺伝的な場合などの原因の他に、紫外線や放射線、ウイルスや化学物質などの外的要因も関係します。

ただ風邪のように、必ずしもこれが原因になっているとは特定が難しく、しかも複合的に要因が重なって発症することもあります。

発症する部位によっても、これが原因になりやすいなどの傾向はあります。

悪性腫瘍(がん)の予防と早期発見のために

予防するためにはやはり食事が重要であり、低炭水化物、天然、高品質の食事を与えることです。

穀物などの食品は犬にはあまり必要なく、癌が発生しやすい食品です。

餌についてはハーブを取り入れるのも有効だと言われています。

運動を十分にさせることも大切であり、運動によってリンパの機能を活発化して、リンパの流れを良くするのが良いのです。

早期発見するならば、定期的な検査を受けさせるのが良いですが、検査では精度に限界がありますので、日頃から愛犬の様子を見て、異常があれば早めに疑って検査させることです。

癌は不治の病といわれてきましたが、最近は早期発見し早期治療すると、かなり延命することも出来るようになってきました。

外科的手術以外の治療法もありますので、犬の症状に合わせた治療を行えます。