悪性腫瘍(がん)

犬の悪性腫瘍(がん)とは、がんとも呼ばれており、細胞の異常増殖により発症します。

人間ではとても有名な病気ですが、実は犬でも発症することがあります。

悪性腫瘍の場合、全身に転移することもあるため、早期発見が大切です。

悪性腫瘍(がん)にかかりやすい犬種

犬の悪性腫瘍(がん)の症状

発症する部位は様々であり、体表に腫瘤というしこりが出来るものもあれば、悪性リンパ腫のような血液のがんも存在します。

体に腫瘤・しこりがあれば、それが癌なのか、他の病気が原因で出来ているのか、病院で調べる必要があります。

  • 体重減少、食欲不振
  • リンパ節の腫れ、貧血、微熱、怠惰感
  • 運動したがらない

もしも癌になっているならば、このような症状が見られるようになります。早期発見できれば抗がん剤治療なども可能です。

悪性腫瘍(がん)の原因

悪性腫瘍(がん)の原因としては、老化やストレスによるもの、ホルモンや遺伝的な場合などの原因の他に、紫外線や放射線、ウイルスや化学物質などの外的要因も関係すると言われております。

ただ、原因の特定が難しく、様々な要因が複合的に重なって発症することもあります。

悪性腫瘍(がん)の予防と早期発見のために

しかし、適切な食餌や十分な運動など、愛犬の健康管理に気を使うことで、がんのリスクを抑えることはできます。

また、早期発見のためにも、元気なうちから定期健診を受けさせるのが良いですが、検査では精度に限界がありますので、日頃から愛犬の様子を見て、気になることや明らかな異常があれば早めに病院に行きましょう。

現在は、癌の早期発見・早期治療により、かなりの延命が可能になり、治療の選択肢も増えました。

外科的手術以外の治療法もありますので、犬の症状に合わせた治療を動物病院と相談しながら行っていくことができます。