脂肪腫

犬の脂肪腫は、皮下の脂肪が異常に増殖してしこりを形成したもので良性腫瘍です。

脂肪肉腫は脂肪を含んだ細胞が悪性化したと考えられている悪性腫瘍です。

脂肪肉腫は稀にしかみられませんが、浸潤や転移がみられ切除できないこともあります。

脂肪腫は、乳腺腫瘍に次いで犬では多く見られる腫瘍です。

脂肪腫にかかりやすい犬種

犬種問わず、高齢時によくみられる

犬の保険について

犬の脂肪腫の症状

腹部や胸部、脇の下などの皮下組織に脂肪の塊となってあらわれ、数年かけてゆっくりと大きくなっていきます。

良性の腫瘍なので、健康に害を与えることは少ないです。

ただ筋肉の間などに出来ると、歩き方に影響を与えるなどあります。

ただ似たような症状として、悪性リンパ腫や肥満細胞腫、線維肉腫などもあり、これらは悪性なので注意が必要です。

脂肪種の原因

はっきりとした原因はわかっておりません。主に老犬に見られる症状です。

どのような犬種にしても同じように老犬に多い症状であり、何が原因かはわかっていません。

脂肪腫の予防と早期発見のために

発症すると、皮下組織のところに脂肪の塊が出来ますので、皮膚にしこり・腫れがみつかります。

はっきりとした原因がわかっていませんので、残念ながら予防方法はありません。

脂肪腫であれば、手術で取り除くことになります。

ただ心臓が弱いなどの犬であれば、まずは様子を見て経過観察するということもあります。

外科手術によって取り除けば治せる腫瘍ですが、取り除いたとはたびたび再発することもあります。

同じ脂肪腫でも四肢の筋肉に入り込むタイプのものは、簡単に切除できないので、断脚が必要になることもあります。

もしも皮膚にしこり・腫れを見つけたならば、放置せずに、愛犬を早めに病院へ連れて行って検査を受けることをお勧めします。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。