血小板減少症

血小板減少症とは、血液中に流れる、ケガなどをした際に血を固めて出血を止める作用を持つ血小板が異常に減少してしまう病気です。

犬の血小板減少症にかかりやすい犬種

犬の血小板減少症の原因

血小板減少症の原因には様々なものがあります。

骨髄腫など、血小板を生成する骨髄に異常が起こって発症するケースや、血小板を最終的に破壊する組織である脾臓に異常が起こって血小板の減少を引き起こすケースもあります。

他にも、ガンや白血病、フィラリアなどの感染症によるものや、投薬やワクチン接種が原因のもの、免疫異常で起こる免疫介在性の血小板減少症、原因が不明の突発性のものなど様々な原因が考えられます。

血小板減少症の症状

主な症状には、口腔内や皮膚に点状の出血が見られる(点状出血)、血便や血尿、鼻血が止まらなくなるといったものがあります。

ケガなどで出血をしている時に血が止まらない、止まりにくいという場合、血小板減少症を発症している可能性があるため、早めに動物病院を受診しましょう。

発見するには

犬の血小板減少症の発症原因には様々なものがあり、予防は難しい病気とされています。

原因の一つである感染症については、ワクチン接種によって予防が可能な場合もありますので、予防接種を心がけましょう。

血小板減少症の原因によっては、治療法が確立されておらず、完治の見込みがないものもあります。

しかし、適切な治療を受けることで完治する場合もありますので、日ごろから犬の様子をよくチェックし、皮膚に赤い斑点が見られる(点状出血)、鼻血が止まらない、便や尿に血が混じっているなどの症状が現れた時点で、速やかに獣医師の診察を受け、処置を行うことが大切です。