犬がにんじんを食べても大丈夫。与え方の注意点を獣医が解説

犬がにんじんを食べても大丈夫です。ただし、与えすぎると下痢のような消化器症状を引き起こすおそれがあります。ここでは、犬の体格ごとに与えていいにんじんの量を始め、与え方について獣医師が詳しく解説します。

犬がにんじんを食べても大丈夫。与え方の注意点を獣医が解説

目次

にんじんは犬が食べても大丈夫

―にんじんを愛犬に与えてもいいのでしょうか。成分的に問題はありますか?

にんじんを犬に与えても問題ありません。にんじんには以下のような、犬の健康に役立つ栄養素が含まれています。

  • βカロテン

    にんじんにはβカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは、犬の体内でビタミンAに変換され、目や皮膚の粘膜を健康に保ちます。また、ビタミンAは視細胞の働きを助け、視力の維持にも効果があるビタミンです。

    さらには、抗酸化作用もあるため免疫力向上や老化防止に役立ちます。

  • 食物繊維

    にんじんは食物繊維も豊富です。食物繊維は腸の働きを整える効果があり、便通の改善が期待できます。

また、にんじんは根菜なので体を温めてくれる効果があり、代謝や免疫力アップも期待できます。

犬に与えてもいいにんじんの量

犬に与えてもいいにんじんの量

―犬に与えてもいいにんじんの量を教えてください。

犬に与えられるにんじんの量は、一日に必要なカロリーの10%以内です。しかし、こちらは目安なので、与えすぎないように注意しましょう。一日に与えてもいいにんじんの量は以下のとおりです。

超小型犬(体重4kg未満)

5g~15g(輪切り1枚分)

小型犬(体重10kg以下)

15g~30g(にんじん1/3本)

中型犬(体重25kg未満)

30g~60gくらい(にんじん半分)

大型犬(体重25kg以上)

60g~90gくらい(にんじん1本)

※上記の量はおおよその目安であり、実際の犬の体格や運動量によって異なります。
※にんじん1本は90gぐらいのものを指しています。

―犬にとってにんじんが健康にいいなら、たくさん食べさせたくなります。

にんじんを犬に与えすぎるのは良くありません。βカロテンの過剰摂取により、肝臓に負担がかかる可能性があります。加えて、食物繊維の取りすぎで、嘔吐や下痢のような消化器症状を起こす場合もあるでしょう。

また、にんじんは甘く犬が好む味です。与えすぎると選り好みし、ドッグフードを食べなくなくなります。あくまでドッグフードを主食とし、にんじんはおやつとして与えましょう。

にんじんを犬に与えるときの注意点

にんじんを犬に与えるときの注意点

食材の処理の仕方

―愛犬に、にんじんを食べさせるとき注意することはありますか?

にんじんは茹でてから与えるといいでしょう。にんじんに含まれる食物繊維は、加熱すると分解され消化しやすなります。すり潰したり細かく刻んだりすると、より食べやすくなるのでおすすめです。

にんじんの皮も与えて大丈夫ですが、農薬が付いている場合があるので、しっかり洗ってから食べさせましょう。

アレルギー

にんじんを犬に与えて、かゆみや発疹、嘔吐や下痢のような消化器症状が出る場合は、アレルギーが疑われます。ただちに食べさせるのを中止してください。

また、初めて与える場合は、まず少量からにし、体調に変化がないかを確認してから徐々に量を増やしていきましょう。

にんじんの加工食品

―にんじんの加工食品、ジュースなどを犬に与えても問題ありませんか?

無添加で、にんじん100%のジュースであれば与えても問題ありません。砂糖といった調味料が使用されている場合は、犬にとって濃い味になってしまうので、与えないでください。

どんなときに、にんじんを与えたらいいの?

―犬にはどんなときににんじんを与えたらいいのでしょうか。

にんじんには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘に効果的です。また、にんじんは低カロリーなので、ダイエット食にも向いています。

愛犬の急なトラブルに、24時間365日、獣医師が電話で直接サポート

愛犬の食事についての悩みは様々です。

上記以外の食べ物でも「こんなものは食べても大丈夫なの?」という疑問を持ったり、「愛犬が誤食をして様子がおかしい」、「もしかしたら危険なものを食べたかもしれない」などトラブルが突然起こることもあるかもしれません。

ペットメディカルサポート株式会社のペット保険「PS保険」では契約者サービスとして24時間365日、獣医師に電話で直接相談できる【獣医師ダイヤル】を提供していますので、そんなときにいつでも気軽に獣医師に相談できて安心です。

こんなときはにんじんを犬に食べさせないこと

こんなときはにんじんを犬に食べさせないこと

―どんな場合には、にんじんを犬に食べさせないほうがいいのでしょうか。

嘔吐や下痢などの消化器不良や、その他体調が優れない場合は与えないようにしましょう。

食物アレルギーの懸念がある犬

犬にかゆみのような皮膚症状や消化器症状がすでにあり、食物アレルギーの疑いがある場合は愛犬にいきなりにんじんを与えるのは控えましょう。

また、アレルギー用の療法食を与えていたり食事の制限をしていたりする場合は、決まったもの以外を食べてしまうと効果が出なくなる可能性があります。

これらの場合は、事前に動物病院に相談してから与えてください。

尿路結石を患っている犬

犬が尿路結石を患っており、療法食を与えている場合も、にんじんを与えないようにしましょう。尿路結石用の療法食はミネラル成分が細かく決まっているため、療法食以外の食事を与えると効果が減ってしまいます。

消化器機能が弱っている犬

消化機能が未熟な子犬や、お腹を壊しやすい犬に与えると、体調を崩してしまう可能性があります。愛犬の成長度合いや、健康状態をしっかり確認して与えてください。

まとめ「にんじんはおやつとして、茹でてから与える」

にんじんは愛犬にとって健康に有効な成分が含まれていますが、与えすぎると下痢のような消化器症状を引き起こす場合があります。生で与えるのではなく、茹でてから潰したり、細かくしたりし、少量ずつ愛犬の状態を確認しながら与えるようにしましょう。

愛犬に食べさせていいかを迷ったり、何かを食べて具合が悪くなったかもしれないと思ったりしたら、獣医師監修の「犬が食べても大丈夫なもの」「犬が食べてはいけない危険な食べ物」を併せてご覧ください。