柴犬|犬の保険

柴犬は、ピンッとした三角形の立ち耳、ふわふわの毛に覆われてクルリと巻いた尻尾が特徴的です。またとても利口で飼い主さまにきわめて忠実、無駄吠えをあまりせず飼育しやすい等の理由から安定かつ継続的な人気を誇っています。日本における柴犬の飼育頭数は12,454頭で、中型犬の中で最も飼育頭数が多い犬種となっています。(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。 しかしながら、アトピー体質によるアトピー性皮膚炎や外耳炎が多い犬種といわれています。
また緑内障や悪性腫瘍が発症しやすい犬種でもあります。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとして柴犬のペット保険を検討されたのではないでしょうか。

柴犬のかかりやすいケガ・病気

アトピー性皮膚炎:アレルギーの原因物質(アレルゲン)が皮膚や呼吸器官を通じて体内に侵入することにより発症します。
外耳炎:アトピー体質であることが原因でアレルギー性の外耳炎になりやすいといわれています。
緑内障:眼球の圧力が異常に高まることで網膜や視神経が圧迫され発症し、しだいに視力が低下してしまう病気で、中老年期に多く見られます。
悪性腫瘍:発育速度が速く正常な細胞を破壊し、また再発・転移をきたす病気です。

柴犬の保険金お支払い事例

柴犬が身近になりやすい症例として皮膚腺癌(1箇所)を例にPS保険加入していた場合の補償事例を挙げさせていただきました。下記は通院・入院・手術の事例となっております。

診療項目 単価 数量 金額
入院費 ¥3,000 4 ¥12,000
X線検査(2枚) ¥6,500 1 ¥6,500
血液検査 ¥7,800 1 ¥7,800
超音波検査 ¥3,000 1 ¥3,000
静脈点滴 ¥3,000 1 ¥3,000
皮下注射 ¥2,000 2 ¥4,000
麻酔 ¥15,000 1 ¥15,000
静脈カテーテル留置 ¥3,000 1 ¥3,000
手術料 ¥45,000 1 ¥45,000
病理組織学的検査 ¥15,000 1 ¥15,000
診察料 ¥500 1 ¥500
抜糸 ¥1,000 1 ¥1,000
内服薬 ¥300 10 ¥3,000
合計 ¥118,800
 
50%補償プラン
通院費 ¥750
入院費 ¥27,150
手術費 ¥31,500
合計 PS保険が¥59,400をお支払いします
(自己負担額¥59,400)
70%補償プラン
通院費 ¥1,050
入院費 ¥38,010
手術費 ¥44,100
合計 PS保険が¥83,160をお支払いします
(自己負担額¥35,640)
100%補償プラン
通院費 ¥1,500
入院費 ¥54,300
手術費 ¥63,000
合計 PS保険が¥118,800をお支払いします
(自己負担額¥0)

※この診療明細書は参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。
保険ご加入ご検討の際は、保険料補償内容をご確認ください。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

PS保険での柴犬のご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約12万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では59万円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 千葉県 血管周皮腫(悪性) ¥593,500
2 群馬県 右尺骨の成長板早期閉鎖による骨異常 ¥387,300
3 神奈川県 子宮蓄膿症 ¥311,100
4 神奈川県 免疫介在性溶血性貧血・全身性症状血小板減少症、外耳炎、皮膚炎 ¥228,800
5 大阪府 緑内障(右眼) ¥217,600

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

柴犬のかかりやすいケガ・病気・予防に関して

柴犬のケガ・病気の予防に関して家庭でできることは以下のとおりです。
ケガ・病気が起こった場合、保険に入っていれば家計の助けになりますが、実際愛犬とご家族は悲しい思いをします。
そのためには事前に予防処置をしておくことが重要です。実際に愛犬へのケガ・病気の予防について実施する場合は、かかりつけの動物病院にご相談の上、実施してください。

アトピー性皮膚炎

アレルギーの原因物質(アレルゲン)が皮膚や呼吸器官を通じて体内に侵入することにより発症します。発症すると目やマズルの周辺や手首足首付近、指間の皮膚に赤みや湿疹、激しい痒みがでます。一般的にはハウスダストやダニ、ノミ、花粉などが原因とされているため、こまめな掃除を行う、布団や毛布、カーペットを天日干しするなど室内環境を清潔に保つことが大切です。

外耳炎

外耳炎は垂れ耳の犬種に多いといわれる病気ですが、上記のアトピー性皮膚炎の説明にもありますが、柴犬はアトピー体質であることが多いため、アレルギー性の外耳炎になりやすいといわれています。発症するとかゆみや腫れなどの炎症が起こります。汚れ、臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻く症状が見られたら病院へ。定期的な耳の掃除、ご自宅やトリミングサロン・病院での耳の状態チェックをしていただくと予防や早期発見につながり、治療期間短縮にもなります。ご自宅での耳掃除によって耳が傷つくこともありますので、動物病院から耳掃除の方法について相談するのも良いでしょう。

緑内障

眼球の圧力が異常に高まり、網膜や視神経が圧迫され発症する病気です。発症すると、充血する、眼の浮腫が起こり瞳が青灰色に見えるなどの症状が出て、しだいに視力が低下していきます。また激しい痛みを伴うため、涙を流したり、顔に触れられることを拒みます。上記のような症状がみられたら、すぐに動物病院での診察を受けてください。緑内障は早期発見が大切なため、定期的な検査を受けることをおすすめします。

悪性腫瘍

まず腫瘍には二種類あり、発育速度が遅く基本的には転移をきたさない良性腫瘍と、発育速度が速く正常な細胞を破壊し、また再発・転移をきたす悪性腫瘍があります。腫瘍発生率は高齢になると増加する傾向が見られます。
悪性腫瘍の特徴的な症状は、発熱、食欲不振、貧血症状、リンパ節の腫れ、触知できるしこりなどがあります。悪性腫瘍は早期発見が重要なため、日頃からペットちゃんを抱いたり、身体の隅々まで触る等、身体になにか異常がないかをチェックし、また定期的な検査を受けることをおすすめします。

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

柴犬の特徴

柴犬とは

歴史的に日本人と長い間生活を共にしてきた犬種の一つであり、縄文時代から人との関係があったといわれています。また、狩りや生活の中での良きパートナーとして人とともに生活していたようです。その後も生活を共にする文化は失われることはなく、現在においても安定かつ継続的な人気を誇る犬種です。柴犬は1936年12月16日に国の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)のうちの1つです。また他の日本犬は秋田県や紀州犬、甲斐犬など原産地の名前がつけれられていますが、柴犬は日本犬の中で最も小さいことから、小さいという意味をもつ「柴」という言葉をもとに柴犬と名づけられました。

柴犬の容姿

柴犬の容姿は、体高より体長がやや長く、小柄ながらもがっしりとしたバランスのいい体型をしており、三角形の立ち耳、クルリと巻いたふわふわな尻尾が特徴的です。
毛色は赤(茶)、黒、白、胡麻(赤、黒、白が混ざり合ったもの)があります。
被毛は日本犬共通の特徴といえるストレートで硬いトップコートの短毛と柔らかいアンダーコートによるダブルコートです。そのため、お手入れは比較的簡単といえます。しかしながら春と秋に毛が生え変わる換毛期は抜け毛が多く、古い抜け毛(死毛)が被毛に絡まって毛玉となることで皮膚の新陳代謝が悪くなり皮膚病を引き起こす場合があるため、換毛期のブラッシングは重要です。

柴犬の性質

柴犬は一般的に飼い主さまに忠実とされており、飼いやすい品種であるといわれています。また、体のあまり大きくない種類ではありますが吠えることも少なくこの点も多くの人に好まれている特徴です。このように温厚かつ人懐っこい性格の一方で行動的な部分や家族とそれ以外の人物を区別して接するなど、利口でありながら好奇心を持った自立した一面も見られます。人同士の距離が緊密である日本の風土の中である意味で日本的な社会へと対応していると感じられる部分が、長らく日本人とのパートナーであったということを思わせます。
また柴犬はもともと猟犬だったこともあり、その運動能力や好奇心、行動力などに秀でています。なお日々の生活でそのような特徴を発揮させることによって精神的に満足し成熟していきます。よってまずは毎日の十分な運動が必要です。できれば広い場所で飼い主とコミュニケーションをとりつつ十分な運動をするべきですが、それは毎日の散歩を長めに行うなどの工夫によって同じように満足させてあげることができます。また、忠誠心が強いということはしつけをしっかりと行うことも重要です。主従関係をはっきりさせ、コミュニケーションの取り方を教えることで混乱が少なくなり、ストレスの軽減へとつながります。

参考 有名犬とご家族の健康管理

百(もも) ちゃん

桜ちゃんとクッキーくん

10秒でカンタンお見積り!

毎月の保険料をお見積もりできます。

保険料のページへ

お申込みが簡単!

PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。

  • PC・スマホ・タブレットからお申込みが可能です。
    ご加入に診断書・血統書・体毛などは不要です。
  • [インターネットお申込み] インターネットお申込みなら、お得
  • [資料請求] 資料請求は24時間受け付けております
  • 全国の動物病院が補償の対象
  • 保険金請求に診断書は原則不要です。※ごく稀に頂くケースもございます。

保険金ご請求の際は、保険金請求書と領収書・診療明細書だけご用意いただきます。

※このページはごく簡単な説明を記載したものです。詳細につきましては、本WEBサイト、パンフレット、重要事項説明書等をご確認ください。