肺水腫

肺水腫とは、何らかの原因で肺に水がたまった状態のことを指します。

肺水腫になると、咳や呼吸が荒くなるといった、呼吸器系に異常を来す症状が見られ、急性の場合は命に関わることもある危険な病気です。

肺水腫にかかりやすい犬種

犬の肺水腫の原因

犬の肺水腫は、主に心臓の疾患によるものが多いです。

犬の場合は、僧帽弁閉鎖不全症と呼ばれる心臓の疾患によって引き起こされるケースがほとんどで、心臓の働きが悪くなることで血液の流れが滞り、肺の血液量が増加し、肺の中に血液中の水成分が漏れ出てしまうことで発症します。

他の要因としては、肺炎や熱射病、低たんぱく血症など、心臓以外の病気が原因で引き起こされるほか、静脈内点滴を過剰に行うことで発症するケースもあります。

犬の肺水腫の症状

肺水腫にかかった場合、咳や呼吸が荒くなるといった呼吸器系の症状がみられます。

症状が重くなると、呼吸を楽にしようとするために首を伸ばし前肢を突っ張ったような状態で座っていることが多く見られます。

重篤化すると、血の混じった泡が出るようになったり、舌が青紫になるチアノーゼの症状が見られます。

犬の肺水腫の治療法

肺水腫の対処療法としては、まず肺に溜まった水分を取り除くことが重要なので、利尿剤などを投与して肺にたまった水分を尿として体外に排出させるようにします。

これにあわせて、肺水腫を引き起こす原因となっている基礎疾患の治療を行います。

犬の肺水腫の予防と対策

犬の肺水腫だけを予防する方法はありません。

そのため、原因となる病気の予防・早期発見に努めることが肺水腫の予防につながっていきます。

肺水腫は重度の場合、命を落とす直接の原因になることも多い疾患です。

特に心臓に疾患のある犬の場合は動物病院で定期的に健診を受けることで肺に異常がないか、日ごろから管理を行っていくことが非常に大切です。

また、少しでも呼吸が苦しそうな様子がみられたら、できるだけ早く動物病院で診察を受けましょう。