犬の口が臭い原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬の口が臭い、口臭がきつい原因として、どんな病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

たかが口臭と思っていたら、歯が抜けてしまった、重い内臓疾患だったなど、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。気になることがあれば、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

犬の口が臭い原因・病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬の保険について

目次

犬の口が臭い原因・病気は?

―犬の口が臭い原因としてどんな病気が考えられますか?

口内環境の悪化

犬の口臭の原因として、最も多いのが口内環境の悪化です。歯周病、口の中の炎症や腫瘍がこれに該当します。

歯周病

歯周病は、一般的には根尖部(歯の根っこ)以外の部分に起こる問題を指します。歯の表面に付着した歯石がどんどん増えていき、歯と歯茎の間の溝にも入り込み、歯周ポケットを形成して炎症が進んでいきます。

歯石は歯垢に口内の細菌やミネラル成分がくっ付くことでできてしまいます。その成分のほとんどが細菌であるため、歯周病を放置すると内臓にも感染が起こる可能性があります。

―歯周病の症状について教えてください。

主な症状は腐敗臭のような口臭で、初期ではそれ以外の異常が見られることはほとんどありません。そのため、すぐに対応しない飼い主さんが多いのですが、進行すると歯槽膿漏を起こして歯がグラグラしてきます。放置すると細菌の影響で顎の骨が溶けてきて、歯が抜けてしまうことがあります。

犬の歯周病の詳しい原因、症状、治療や予防法については、「犬の歯周病」を併せてご覧ください

口内の炎症

口の中の炎症も、ほとんどの場合は歯周病の症状のひとつとして見られます。炎症は痛みが出るため、犬自身はご飯を食べたいけど痛くて食べにくくなってしまいます。

腫瘍

口の中にも腫瘍はできますが、ほかの場所にできる腫瘍と同様に良性と悪性があります。良性で小さければ、周囲の組織に悪い影響が出ることは少ないと考えられますが、悪性の場合は、口の中の組織や顎の骨にも影響が出て、歯周病のような腐敗臭を放つことがあります。

―口臭のほかに何か症状は見られますか?

口内に腫瘍ができると、口臭よりも元気や食欲の低下のような全身状態の悪化よだれがひどくなるといった症状も目立つはずです。犬の口腔内悪性腫瘍は、メラノーマが最も多く、次が扁平上皮癌、線維肉腫と続きます。

がん(悪性腫瘍)の詳しい原因、症状、治療や予防法については、獣医師監修の記事「犬のがん(悪性腫瘍)」を併せてご覧ください。

犬の口が臭い原因は歯周病や口内炎症、内臓疾患の場合も

―歯周病のほか、犬の口臭の原因となる病気はありますか?

内臓疾患

犬の内臓に異常があると口臭が出る場合があります。

肝臓や腎臓の疾患

肝臓や腎臓といった代謝や排泄に関係する臓器に異常があると、本来は代謝されて体の外に排泄されるはずの老廃物が毒素としてたまってしまい、口臭の原因になるのです。この場合は、アンモニア臭のような臭いがすることが多いようです。

肝臓や腎臓の異常は、かなり悪化しないと症状が出ないため、口臭が出るくらいだと肝硬変や慢性腎不全末期の可能性が高く、元気や食欲の消失、嘔吐やけいれんなども見られます。

胃の疾患

また、胃の状態が悪くなると胃酸分泌過多になることがあり、その場合は酸っぱい口臭になる可能性があります。

腸閉塞

このほか、腸閉塞になると、便が正常に移動することができなくなるため、便の臭いのような口臭になることがあります。腸閉塞は、異物や腫瘍のような物理的な閉塞と、腸が動かなくなってしまう機能的な閉塞に分けられます。閉塞する部位が胃に近いほど、嘔吐のような症状が激しく出ます。

腸閉塞の原因、症状、予防や治療法については、「犬の腸閉塞」を併せてご覧ください。

食べ物

―食べ物によって口臭がきつくなることはありませんか?

食べ物の種類によって、大きく口臭が変わることはあまりありませんが、臭いの強い食べ物を与えた後に、口臭が変わることがあります。また、飼い主さんが犬の歯磨きをしていないと、口の中の食べかすが原因となって口臭が出ることがあります。

犬の口臭がきつい、こんな症状ならすぐ病院へ

緊急性のない口臭でもきちんとした対処が必要

―犬の口臭が気になってきたら、すぐに病院に連れて行ったほうがいいのでしょうか?

口内環境の悪化や食べ物による口臭は、きちんとした対処が必要にはなりますが、ある程度の時間をかけて進行するため、緊急性はあまり高くありません。

内臓疾患を原因とする口臭は、すぐに治療を

―緊急性の高い犬の口臭というのは、どんな場合なのでしょうか?

内臓疾患による口臭の場合は、原因が内臓にあるため、対処が遅れると全身状態の悪化が深刻になる可能性があります。特に、腸閉塞は急激な嘔吐や下痢、激しい腹痛、ぐったりするなど、犬にとってかなり辛い症状が見られます。そのため、最も緊急性が高いと言えるでしょう。

犬の口臭予防と対策

犬の口臭予防として、歯周病や腫瘍への対策を

犬の歯周病対策

犬の歯周病対策は、予防としての歯磨きが最も大事です。歯石の付きやすさは、食べ物や体質も関係しています。そのため、まったく歯石が付かないようにすることは難しいですが、歯磨きをしないよりは、はるかにきれいな状態を維持できます。

とは言え、歯磨きに慣れていないと嫌がる犬がほとんどです。手に歯磨きシートを巻いたり、ジェルを指に付けたりして歯を擦るなど、練習して徐々に犬が口の中を触られることに苦手意識をもたせないようにしましょう。

―どうしても歯磨きができない場合は、どうしたらいいですか?

その場合は、ガムや口腔内環境を改善するサプリメント、飲み水に混ぜる洗口液などの使用を考えてください。

歯石が付いてきて歯周病が始まっているようなら、歯石除去が必要になります。最近では無麻酔での歯石除去を行う施設もありますが、これは歯の表面に付いた歯石を取るだけです。確かに見た目はきれいになりますが、歯周病治療で重要なのは、歯と歯茎の間に入り込んだ歯石まできちんと除去することであり、全身麻酔をかけないとできない処置です。

腫瘍の対策

口の中の腫瘍、特に腫瘍が一部分に留まっている場合は、外科手術が第一選択になります。悪性腫瘍の場合は、周囲の組織や顎の骨にまで腫瘍細胞が入り込んでいる可能性があるため、それらを含めた切除が必要になります。

放射線治療は、外科手術後や、手術が難しい場合に腫瘍を少しでも小さくするための方法です。治療効果は腫瘍の種類によって変わります。化学療法は、外科手術や放射線治療と組み合わせて行います。

内臓疾患の対策

内臓疾患は、手術や点滴、投薬など積極的な治療が必要になることが多いため、家で様子を見ずに病院を受診し、きちんと診断してもらいましょう。

肝臓や腎臓に問題がある場合は、点滴や投薬治療を行いますが、慢性の病気の場合は完治が難しいため、進行を遅らせることが治療目的になります。胃酸過多になっている場合は、胃酸を抑える薬を与えます。腸閉塞のうち、物理的な閉塞がある場合は、原因を取り除く手術を行います。機能的な閉塞を起こしている場合は、点滴治療や消化管の運動を促す薬を投与します。

まとめ

犬の口を触れるようになることは口内の異常の早期発見につながる

犬の口臭の原因は、まったく病的でないものから重大な病気までさまざまです。また、口臭だけでは異常かどうかを見極められないため、口の中に歯石やできものがないか、犬の元気や食欲に問題がないかを慎重に見極めましょう。

犬の歯磨きは歯周病の予防になりますが、それだけではありません。犬の口の中を触れるようになると、口内の異常の早期発見につながります。すぐにできるようにはならないかもしれませんが、少しずつ慣れさせていきましょう。歯磨きは毎日することが理想ですが、3日に1回程度でも十分に効果が期待できます。

そのほか気になる犬の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「犬の症状」を併せてご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。

また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。

あ行に属する猫の種類
か行に属する猫の種類
さ行に属する猫の種類
た行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
な行に属する猫の種類
は行に属する猫の種類
ま行に属する猫の種類
や行に属する猫の種類
ら行に属する猫の種類