腎結石

犬の腎結石とは、腎臓と尿管の接続部の腎盂とよばれる部位にできた結石を腎結石といいます。

腎結石にかかりやすい犬種

その症状によりなりやすい犬種が存在する

チワワ

ミニチュア・シュナウザー

ヨークシャー・テリア

ミニチュア・ダックスフンド

ダルメシアン

犬の腎結石の症状

犬の腎結石とは、腎臓と尿管の接続部の腎盂とよばれる部位にできた結石を腎結石といいます。

小さな状態であればさほど問題ではありませんが、進行すると腎盂腎炎や大きな結石になると急性腎不全を発症するおそれもある病気なので、注意が必要です。

主な症状として、血尿や元気の無い様子、食欲不振や腹痛などが見られます。

原因として

主な原因として、もともと尿には結石を作りやすい物質が含まれており、尿路感染症などの病気が原因で腎盂に炎症を起こすと、尿の作用で腎結石ができやすくなる考えられています。

発見するには

他の尿路結石症と同じ様に血尿などが見られることで発見されることが多いですが、そのほかに腎盂腎炎の検査で発見される事もあります。

症状の項でも述べたように、進行すると腎盂腎炎や急性腎不全を発症する恐れもある病気なので、血尿など疑いがある際にはお近くの動物病院で診察・相談を受けて下さい。

予防

基本的な予防としては食事療法になります。

また、水分もしっかり摂取する事も大事ですが、尿のphが偏らないことが大事です。

フードも尿石症管理フードが市販されていますので、こちらで予防する事も可能です。

しかし犬にあった適切な量などを考慮し、一度お近くの動物病院でご相談されると良いでしょう。