膵炎

犬の膵炎は、膵臓が何らかの要因で炎症を起こしている状態で、急性と慢性があります。

膵炎にかかりやすい犬種

トイ・プードル

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

ミニチュア・シュナウザー

コッカー・スパニエル

犬の膵炎の症状

発症する年齢としては中年齢頃より多く見られます。
症状は、急性・慢性によって異なり、急性では発熱や嘔吐、下痢、食欲不振、脱水などが見られ、重症の場合には上記が元でショック症状や呼吸困難などが見られ、最悪死に至る場合もあります。
慢性の場合は上記の症状が断続的に認められます。
また、この病気が原因で糖尿病に発展する事もありますので注意が必要な病気です。

原因として

原因としては、高脂肪食の摂取、肥満、高血圧、細菌感染、膵臓の損傷、遺伝などがあります。

発見するには

発熱や嘔吐、下痢などが見られた際には、膵炎に限らず何かしらの病気の可能性が高いため、すぐにお近くの動物病院へ連れていきましょう。

予防

肥満傾向の犬に発症が多いため、バランスの取れた食事と適度な運動が予防に繋がります。

これまでに紹介した病気でも、肥満が原因になることが多いため、可愛がることは大切ですが、健康のひとつと思い過剰なおやつなどは控えて下さい。