慢性肝炎

肝実質細胞がさまざまな原因で炎症を起こし、壊死に陥った状態を肝炎といい、急性と慢性の2つに大別されます。

慢性肝炎では炎症は長期間持続している状態です。

犬にとって肝臓は非常に大切な器官のひとつ。

病気が悪化すると、非常に危険でもあります。

慢性肝炎の症状や原因、そして予防法について考えていきましょう。

慢性肝炎にかかりやすい犬種

遺伝により発生が見られることのある病気です。

など

犬の慢性肝炎の症状

犬が慢性肝炎にかかってしまった場合、身体のさまざまな箇所に症状が現れます。
しかし、初期の場合には異変と思えるような特徴はなく、発見・治療が送れてしまいがちです。
その後、ある程度まで肝臓の炎症が広がった場合には以下のような症状に見舞われます。

  • 食欲が低下する
  • 元気がなくなる
  • 下痢や嘔吐
  • 体重が減っていく
  • お腹に水がたまる
  • 歯ぐきや耳の中、白目の部分が黄色くなる(黄疸)

発症後すぐに元気がなくなるなどの変化があれば、飼い主も病気のサインに気がつきやすいのですが、中には黄疸ができるまで変わった様子を見せない犬もいます。

こうした場合、急激に体調を崩したように見えるケースが多いようです。

なお、症状がさらに進行した場合、血液凝固や肝性脳症、肝硬変などの症状を引き起こす可能性も指摘されています。

とくに、肝硬変は深刻な病気なので、非常に危険です。

慢性肝炎の原因

慢性肝炎が引き起こされる原因にはさまざまなものがあります。

若い犬が発症する場合は、遺伝的な要因が疑われます。

その他、有害物質が体内へ入り、肝臓へダメージを与えたケースや、ウイルス・細菌によって急性肝炎が引き起こされ、急性肝炎が長期化してに慢性肝炎に発展するケースなどがあります。

しかし、ほとんどの慢性肝炎の犬で、炎症の原因は不明です

慢性肝炎の予防と早期発見のために

前述のとおり、犬の慢性肝炎は発見が遅れてしまうケースが少なくありません。

発覚したときには、すでに病気が進行しているといったケースも考えられるでしょう。

そのため、基本的な考え方として早期発見・早期治療のために、動物病院での定期的な検診が大切です。

慢性肝炎は対症療法、もしくは投薬治療が行われます。

とくに後者は、一度開始すると一生付き合わなくてはならない治療でもあります。

こうした事態を避けるためにも、予防策としての動物病院での定期的な検診を心がけましょう。