大動脈弁狭窄

大型犬に多く見られる心臓病の一種で、不整脈や心不全などを起こすことのある病気です。

大動脈弁とは心臓にある弁の一つで左心室から大動脈への入口にある弁を指します。

大動脈弁狭窄とはその大動脈弁が狭くなることによって血液の流れがスムーズに流れなる病気です。

大動脈弁狭窄にかかりやすい犬種

大型犬に多く見られる

ゴールデン・レトリーバー

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ブルドック

ボクサー

犬の大動脈弁狭窄の症状

大動脈弁(心臓の出口にある弁)が狭くなってしまうことで血液の渋滞が起こります。しかし、心臓がその渋滞に気づかずに通常より血液を送ろうと頑張ります、しばらくは問題がないのですが、これを長い間続けていると心臓は疲弊してしまいます。

心臓の疲弊により様々な症状がみられます。初期症状としては疲れやすい、運動をしたがらないなどの行動が見られます。

初期症状は症状が現れないことが多いです。進行すると疲れやすくなったり、突然失神するようになります。他にも不整脈や心不全、最悪の場合は突然死を起こすことがある病気です。

原因として

原因の多くは先天性、つまり遺伝により発症することが多く見られます。

発見するには

この病気は初期症状が無症状なことがやっかいな疾患といわれています。一番最初に現れる症状は心雑音といわれています。そのため定期的な健康診断を受けることが大切になります。

ちょっとした運動でもハァハァと疲れが見えたり、遊びや運動をしたがらなくなったら心臓病の注意が必要です。

特に好発犬種については定期的に獣医師の聴診を受けましょう。

予防

原因でも述べたように先天性によるものが多いため、残念ながら予防方法はありません。

ですが、早めに発見することが重要な病気のため、定期的な検診を心がけましょう。