拡張型心筋症

拡張型心筋症とは、心室の壁が薄く伸びることにより心室内腔が拡張してしまう病気です。心室の壁が薄く伸びてしまうことにより、心臓のポンプ機能が低下してしまい、血液を全身にうまく送れなくなってしまいます。。

拡張型心筋症にかかりやすい犬種

加齢ともなって発生率が高まります。

ダルメシアン

ボクサー

グレートデーン

犬の拡張型心筋症の症状

拡張型心筋症は犬の心筋症のなかでは一番多い病気となります。

拡張型心筋症の症状として、突然失神を起こす、元気がない・運動をしたがらない、食欲が落ちた、などが挙げられます。


また、血液のうっ滞により、症状が悪化すれば肺に水が溜まってしまう肺水腫という症状や咳・呼吸困難、腹水の貯留などもみられるようになり、

最悪の場合は突然死を起こしてしまうこともあります。

原因として

犬の拡張型心筋症は遺伝性疾患といわれております。詳しい原因はまだわかっておりませんが、加齢に伴い発症のリスクが高まります。

また、タウリンの欠乏も原因の一つと考えられています。

発見するには

症状の項でも述べたような症状が見られた際には注意が必要です。

心臓病は早期発見が大切になっているのですが、症状が現れている時点で進行してしまっている場合があります。

そのため拡張型心筋症の好発犬種や加齢のペットちゃんについては定期的な検診を実施が大切になります。

心臓病の一種なので突然死の可能性もあるため、一刻を争う場合があります。

少しでも不安な点があればお近くの動物病院へ診察してください。

予防

タウリンの欠乏がないようにペットフードに注意することが予防方法の一つとなります。

しかし原因不明の特発性拡張型心筋症に関しては予防法は無いため、定期的に検診をする病院や緊急時にすぐに向かえる信頼の出来る病院を探しておくことがベストです。

その他、食事にも気をつけて、塩分を少なくするなどで多少の予防にはなる可能性があります。