フィラリア症(犬糸状虫症)

フィラリア症とは、蚊を媒介して心臓や肺動脈の中にフィラリア(犬糸状虫)が寄生して起きる病気です。

フィラリアは成長すると20cm~30cmにもなる糸状の寄生虫で、成長したフィラリアが寄生することで心臓や肺に様々な障害が発生し、死に至ることもある重大な病気です。

フィラリア症にかかりやすい犬種

蚊が媒介する疾患のため、どんな犬種でもフィラリア予防を行っていないと感染する可能性が高くなります。

フィラリア症の原因

フィラリアの寄生している犬の血液には、微小なサイズのフィラリアの幼虫が含まれています。

蚊が、フィラリアに感染した犬から血を吸う際に幼虫を一緒に吸い込み、その蚊が、フィラリアに寄生されていない犬の血を吸う際に体内にフィラリアの幼虫が入ってしまうことで、フィラリア症に感染します。

フィラリア症の症状

フィラリア症の症状は、寄生されてからどれだけ経過しているか、またどれ位の数のフィラリアに寄生されているかによって症状の重篤さが変わってきます。

寄生されてから間もない初期の場合は、症状がほとんど現れないため、感染に気付かず見過ごしてしまいがちです。

病気が進行すると、慢性的な発咳や、元気がなくなり散歩を嫌がるといった症状が現れ始めます。

更に悪化すると、失神、腹水、呼吸困難、黄疸などの症状が見られます。

体内に寄生したフィラリアは、成長すると白く細長いそうめん状になり、心臓内や肺動脈に寄生することで循環器系障害、腎疾患などを引き起こし、最終的には心不全や呼吸困難を起こし死に至る、非常に危険な病気です。

フィラリア症の治療

フィラリアの治療法には、投薬による駆虫、手術による成虫の摘出などがあります。

成長したフィラリアを薬で駆虫しようとすると、死骸が動脈に詰まって血栓症をひきおこす可能性があります。

急性の症状が出ている場合は、外科手術で摘出を行います。

他には、フィラリアの予防薬を内服させて新しい感染を防ぎつつ、心臓の働きを助ける薬を飲みながら寄生しているフィラリア成虫が寿命で死ぬのを待つという治療法があります。

フィラリア症の予防と対策

フィラリアは、動物病院で処方される予防薬を月に一度飲ませることで感染を予防することができます。

蚊が発生する時期の1ヶ月後から、蚊がいなくなる月の翌月まで投与を続けます。

途中で投薬を忘れてしまうと、これまで予防薬を続けていてもフィラリア感染のリスクが高まってしまうため、シーズン中は必ず獣医師の指示通り投薬を続けるようにしましょう。