犬の角膜炎

大型犬、中型犬、小型犬 全般に発症しますが、特に目が大きく鼻が短い犬種で発症しやすい病気です。

犬の角膜炎にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

シー・ズー

チワワ

パグ

ペキニーズ

犬の角膜炎の症状

犬の角膜炎の症状として、基本的に目の炎症になるので、目やにや涙、目をしょぼしょぼさせる、こするなどの行動が見られます。

進行すると痙攣や腫瘍になってしまうことがあります。

原因として

主な原因として、砂ぼこりやシャンプーなどの異物が目に入り炎症を起こしてしまったり、目を掻いてしまったり、まつ毛などの刺激によって起こる可能性があります。

その他ウィルスや細菌が目に入って発症することもあります。

発見するには

基本的に症状で説明したような症状が見られた際には角膜炎として疑ってよいでしょう。

また、充血やにごりが無いかチェックしてみましょう。

上記の症状が見られた際にはお近くの動物病院で診察してみてください。

予防

目の周りの毛が目に入っていないかをチェックし、入りそうであれば短くカットしましょう。

または点眼などで予防することも可能です。

不安であれば動物病院で相談することをお勧めします。