犬の角膜炎

大型犬、中型犬、小型犬 全般に発症しますが、特に目が大きく鼻が短い犬種で発症しやすい病気です。

犬の角膜炎にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

シー・ズー

チワワ

パグ

ペキニーズ

犬の角膜炎の症状

角膜とは黒目の部分を覆う透明な膜を指します。角膜炎では角膜に炎症が起こってしまうため、目やにや涙、眼をしょぼしょぼする、眼をこする、光をまぶしがるなどの症状がみられます。

症状が進行してしまうと、角膜潰瘍やまぶたの痙攣、腫瘍を生じてしまうこともあります。

原因として

角膜炎の原因は、大きく外傷性と非外傷性の2つに分けられます。

外傷性の原因としては、砂ぼこりやシャンプー、まつ毛などの異物が眼に入ってしまうことや痒みや違和感から自分で眼をかいてしまうことなどが挙げられます。

また、感染症やアレルギー性疾患、白内障や緑内障などの角膜疾患以外の眼の病気が要因となって非外傷性の角膜炎が発症することがあります。

発見するには

目やにや涙、眼を気にするようなしぐさ等が認められた場合、眼にトラブルが生じている可能性があります。

定期的に眼に充血やにごりがないかチェックし、もし上記の症状が見られた場合は動物病院の診察を受けることをおすすめいたします。

予防

眼周りの毛が原因になることもあるため、目に毛が入りそうであればトリミング・カットをしてあげましょう。

また、物理的な刺激を減らすため、皮膚の痒みなどがある子にはエリザベスカラーの装着をする、眼の表面の保護のために点眼薬を定期的に点眼することも、予防につながります。

不安であれば動物病院で相談することをお勧めします。