犬の眼瞼内反症

大型犬 中型犬に多く見られますが、小型犬にも見られ、まぶたが内側に曲がりこんだ状態を指します。

犬の眼瞼内反症にかかりやすい犬種

大型犬、中型犬、小型犬 全般

セントバーナード

ブルドッグ

トイ・プードル

パグ・

ペキニーズ

犬の眼瞼内反症の症状

目の下まぶた(涙袋)の先が眼球側に反り返ってしまう症状のことで、反り返ることにより下まつげなどが目に入り痛みや炎症を起こす可能性があります。

進行すると結膜炎、角膜炎を引き起こす事があります。

原因として

遺伝

原因として多く見られるのは、遺伝などの先天性のもので、およそ1歳になるまでに症状が現れてきます。

結膜炎や角膜炎などによる二次的要因

結膜炎や角膜炎などの後遺症、または痙攣や神経の異常などによって症状が現れることがあります。

体重減少

極端に体重が減ると眼球に入れている眼窩の脂肪が減少し、眼球自体が後ろに下がった状態になります。そのため、前の部分に生じた余った空間に瞼が入り込み、内反を起こすことがあります。

発見するには

涙や目やにが増えたり、前足をこすろうとするので、日々の観察が非常に大事になります。

また内側と逆に外側に反り返ってしまう"眼瞼外反症"という症状もあるので、合わせてチェックしていきましょう。

少しでも気になった場合はお近くの動物病院へ相談、受診してください。

予防

予防が困難な病気のため生後1歳までに定期的な診察を受け、早期発見、治療を受けることが必要になります。