落葉状天疱瘡

天疱瘡は、自己免疫の異常による皮膚疾患のひとつです。

表皮にある角質化細胞同士は、デスモソームと呼ばれる部位によって繋がっています。

このデスモソーム内にある「デスモグレイン」という接着分子が免疫異常によって攻撃され、細胞同士の接着が緩くなります。

この隙間に膿胞が出来て、破れるとかさぶたになる病気です。

放置しておくと部位が体全体に広がっていきます 。

落葉状天疱瘡にかかりやすい犬種

犬の保険について

犬の落葉状天疱瘡の原因

落葉性天疱瘡は免疫系統の異常によって、デスモグ表皮の細胞と細胞をつなぎとめる部分が、攻撃を受け、細胞同士が離れ、皮膚に異常が起きてしまいます。

紫外線、遺伝的要因、アレルギー、細菌、ウイルス感染が引き金になっていると考えられていますが、はっきりしたことはよく分かっていません。

まれに後天性の落葉状天疱瘡を発症するケースはありますが、薬物の投与が影響していると考えられています。

犬の落葉状天疱瘡の症状

天疱瘡を発症すると、鼻や眼の周り、口元、耳などに紅斑や膿胞が現れます。膿胞が破れるとびらん、かさぶたを形成し、抜け毛や強いかゆみを伴います。

症状が進行して重症化すると、症状が全身に広がっていきます。

犬の落葉状天疱瘡の治療

ステロイドや免疫抑制剤を組み合わせて投薬します。

二次感染がある場合には抗生物質を投与します。

一旦発症してしまうと完治が難しい病気ですので、長期間、または生涯の治療が必要になります。

犬の落葉状天疱瘡の予防と対策

落葉状天疱瘡は詳細なメカニズムが解明されていません。

そのため発症の原因ははっきりと分かっておらず予防が難しい病気ですが、紫外線が発症要因に関係している説があり、過度に強い紫外線に当たらないよう気をつけることは、予防対策としては有効である可能性があります。

落葉状天疱瘡の治療にはPS保険の補償が適用される?

PS保険に加入後に天疱瘡を発症した場合、治療に関しては補償の対象範囲内となります。

しかし、保険加入以前に自己免疫性疾患のひとつである天疱瘡を発症していた場合、既に完治されている場合でもPS保険でお引受することはできません。

天疱瘡を発症しやすい年齢は4~5歳と言われています。

年齢が若いうちは病気にかかることも比較的少ないですが、保険への加入を検討されている場合は愛犬が元気で健康な若齢期のうちにこそ、将来起こり得るケガや病気への備えとして加入しておくことをお勧めします。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。