犬毛包虫症

犬毛包虫症とは、毛包虫(ニキビダニ)が犬の毛包や皮脂腺に寄生することで皮膚が炎症を起こし、赤み・ただれ・脱毛・フケなどの症状が生じます。

免疫力の低下や基礎疾患・遺伝的要因によって発症しやすくなり、子犬に多くみられます。

犬の犬毛包虫症にかかりやすい犬種

犬の保険について

犬の犬毛包虫症の症状

犬毛包虫症では、皮膚の炎症により、赤み・ただれ・痒み・脱毛・フケの増加などの症状がみられます。

子犬での感染では局所的な症状を示し、老齢犬での感染では全身的な症状を示す事が多いです。

毛包虫による皮膚の症状が悪化すると、細菌などによって二次感染が起こり、皮膚が化膿・出血を起こしてしまい重症化することもあります。

犬の犬毛包虫症の原因

犬毛包虫症の原因は、毛包虫(ニキビダニ)による寄生です。

毛包虫が犬の皮膚にある毛包や皮脂腺に寄生し、炎症を起こした状態を犬毛包虫症と呼びます。

寄生していても発症しないこともあり、免疫力が低下した犬や、子犬および老犬、ホルモンの分泌異常などの基礎疾患を持っている犬では発症しやすくなります。

毛包虫の感染経路について、はっきりしたことは分かっていません。

ただし、毛包虫に寄生された母犬から子犬への感染が確認されています。

発見するには

初期の犬毛包虫症では、皮膚の赤み・痒みがみられ、目や口の周囲・指の間・爪の周辺など部分的に生じるケースが多くなっています。

他の皮膚炎との違いを見分けることが難しいため、日ごろから皮膚の状態を確認し、異常があれば早めに動物病院を受診しましょう。

予防

犬毛包虫症の予防としては、毛包虫に寄生されている母犬からの感染を避ける方法が挙げられます。

ただし、その他の感染経路は明らかになっていないため、寄生を完全に防ぐのは難しいです。

発症を抑えるためにも、皮膚のコンディションに注意し、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

また、免疫力の低下やその他の疾患からの二次感染等を予防するためにも、バランスの取れた食事と健康的な生活習慣をサポートしてあげましょう。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

当社のペット保険は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。